<< アグリー・ベティ2 第4話 「... アグリー・ベティ2 第2話 「... >>
2008年 10月 16日
アグリー・ベティ2 第3話 「ブラック&ホワイト」
ヘンリーがウザい・・・。
というかベティとヘンリーがこれからどうなるのか、興味が持てない。
二日酔いのヘンリーのためにヒルダが作った特製ジュース・・・「トマトジュースに生たまごとベーコンの油を混ぜた」ジュース。これってヒルダが自分用に作った朝ごはん「ベーコンエッグ」の残り物で作っただけなんじゃ・・・?とにもかくにもヒルダが元気そうなので良かった。

シーズン1の最後のほうでクリスティーナにはだんながいて、そのだんなを捨ててアメリカにやってきた・・・?らしいのだけど、シーズン2に入ってからまったく触れられていない。なんで?
相変わらずベティの良き相談相手のクリスティーナ。

オフィスにサンドイッチ屋さんがいるっていいな。
それにしてもレタスを束ねただけのサンドイッチ(というか)て・・・相変わらずモードの社員はよくわからん。
ベティ、サンドライトマトがいつもより少ないからっていちゃもんつけとるし。前のサンドイッチ屋さんはおまけしてくれたからって・・・。
「君もわがままなモード女だ」とジオに言われてしまう。
その愚痴をえんえんダニエルに聞かせるベティ。あんたもウザくなってきたぜ、ヒロインなのに。
ダニエルがサンドイッチ屋さんに電話してジオがクビになってしまった。
あぁ、なんといふ・・・。

ウィルミナがアレクシスに「いつまでも大親友」というメモリアルアルバム見せとるし~~
ふたりで買い物にいったり、
フォークダンスしたり、
サーフィンボード小脇に抱えてたり、
ゲイパレードに参加したり・・・。
この写真、顔だけ差し替えたのか、はたまた本当に撮影したのか・・・?

DNA鑑定の結果、アマンダの父はミード社長ではなかった。
ダニエルと兄弟ではなかった!とふたりでよろこんでいたけど、その後マークに「本当はがっかり。だってミード社長、お金持ちだし」・・・これ、アマンダの超本音だろうな。いまさらダニエルとの関係をあーだこーだ悩む乙女アマンダではないし。

あぁ、やっぱりジャスティンが「男」になろうとしている。
ダニエルにバスケを習うジャスティン(あんたたち、仕事は?)
その練習中、ダニエルは思わず車椅子から立ち上がってしまう。
・・・足、治ってますやん、あんた。
理学療養士の女の子に会いたいがために足が治っていないフリをしていたらしい。

足が治っていたこと、ベティにバレちゃった。
ベティはわざわざニュージャージーまで車椅子を取りにいっていたので激怒。
「1日あればどんなことができたか。短編が1本書けますよ!」
おいおい、ベティ。あんた今までいーーっぱい時間あったやん。今頃なに言ってるんだい。
ジオの助言に励まされたベティは、まるで思い出したかのようにライターになる夢を語り出した。

あんまりおもしろくないなあ、シーズン2。
ウィルミナ・マーク・アマンダ・・・スリーシスターズの今後は楽しみだけど。
[PR]
by fonda1214 | 2008-10-16 22:02 | アグリー・ベティS2 ▲Top
<< アグリー・ベティ2 第4話 「... アグリー・ベティ2 第2話 「... >>