2008年 09月 11日
奥さまは首相~ミセス・プリチャードの挑戦~ 第3話

c0168844_16504876.jpgキャサリンってばあんな若造と寝ちゃって・・・。
ベンという名のスピーチ・ライター。しかもこの関係は続いていきそうな勢いではないか。ふたりともまんざらでもない感だ。スキャンダルにならなければいいが。キャサリンがかぶってた帽子がかわいい。

「プリチャードの困惑」という暴露本が出た。

ぶ厚っ。

「ダイアナ妃の真実」なみに分厚いではないか。
あのファミリーにそれほど暴露することがあるのか?と思っていたら、キャサリンほかロズの側近たちのこともいろいろ書かれているらしい。
ちなみに影ゆらゆらイアンの秘密は書かれていない。
ロズに近い人間しか知らない情報が書かれていたりするので、ごく近い人間が著者に情報を流しているとロズは判断。その人間が誰なのか、ミランダに調査を依頼する。

ちなみにイアンの秘密がなんなのか、第3話にして判明した。まあ全6話しかないもんね。
もっと引っ張るかなぁと思っていたけども。
まあ視聴者の興味が、「イアンの秘密」から「暴露本の協力者が誰なのか」に移動するのは時間の問題だしね。
その「イアンの秘密」というのが、イアンが経理を勤めているハットン社のお金をイアンが不正に横領したらしいとのこと・・・。

秘密って、そういうことか・・・。

イアンは小さい、小さいんだよね人間が。
暴露本に書かれていたイアンの人間像は当たってる。
エミリーのうつぶせヌードグラビアが国会議事堂に大きくライトアップされて、まさかそんなことに写真が使われると知らなかったエミリーは、2万ポンドの報酬を得つつも、母親にすまない気持ちでいっぱいになり泣いていた。
その2万ポンドで車をパーっと買ってしまったエミリーを自称倹約家イアンは責め、その勢いのまま自分の秘密をエミリーに告白したのだ。
なんでエミリーに話すかなあ・・・。
エミリーに言うくらいなら黙ってればいいのに。エミリーが重荷を背負うことになってしまうじゃないか。
自分が横領の報酬で得た1万ポンドはロズの温室やエミリーたちの学費・・・つまり家族のために使ったのに、なんでおまえは車を買うんだ!!って言いたいんだろうな、イアンさんよお。
[PR]
# by fonda1214 | 2008-09-11 17:30 | 奥さまは首相 ▲Top
2008年 09月 10日
CSI:5 第23話 「死体たちの運命」

c0168844_11343759.jpgうれしそーーー主任。

さも偶然通りがかったかのように登場しちゃって。
きっとロビンス先生かデビッドから連絡うけて駆け付けたにちがいない・・・。
「おや、エクリー」って・・・。
しかもいろいろアドバイスしてる主任。
「仕事のやり方くらい憶えてる」ってエクリー。
局長補佐になってからは鑑識キットにすら触ってないだろうけど、なんてったって元CSI主任だ。「エクリーって仕事できるの?」って思ってたけど、尋問だって滞りなくこなしてたし。
指紋パフパフ(←勝手にこう呼んでる)を補充してて現場に遅れたときはヴァルタン刑事に文句言われてたけど。

ホッジスは劣性遺伝により、シアン化合物を嗅ぎわける嗅覚を持っていた。
何気にホッジス、すごい能力を持っているな。
被害者の胃の中の内容物をくんくんしながら「気の抜けたビール。チーズ・・・シアン化合物は入っていない」って。
ホッジスって、使える・・・。

サラとグレッグが担当してたトリップとポーラの大学寮殺人事件は、友人のスーザンが犯人だろうとピンときた。
だって声優さんが「SATC」のキャリーの永島由子さんだったから。
この声優さんを、ただの目撃者の吹替にあてるとは考えにくい。
それにしてもあんなに激しいセックスしてたのに、ブラジャーつけて死んでるのっておかしくないかい?

来週はやーーっとタランティーノによる壮大なCSIパロディ(?)が見れるぞ!
[PR]
# by fonda1214 | 2008-09-10 12:09 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top
2008年 09月 08日
デスパレートな妻たち2 第19話 「恥と外聞」
c0168844_131724.jpgブリーがお料理してる~
かわいい~~ピンクのエプロンしてる~。
ちょっと萌えました。
ブリーが実際に料理をしてるシーンをはじめて見た気がする。
ブリーはさすが手際よく、いろんなことを同時進行しながら料理してた。
でもパプリカを刻む包丁さばきが実におぼつかない。あの手つきは普段料理をしない人の手つきだ。
ブリー役のマーシア・クロスは「マーサ・スチュアート・リビング」で「料理はめったにしない」と言っていたのでしょうがない・・・か。手つきは優雅だったけど。
でもおいしそうだった・・・ブリーの料理を毎日食べられるなんて幸せ者だぞ、アンドリュー。

ブリーの実の父と継母が登場。
ブリーとアンドリューの裁判に早速口をはさみ、審理を延期しちゃった。
4人での話し合いが実に不毛で泣けてくる・・・。
ブリー曰くアンドリューは「ベロベロに酔って、ご近所のお母さまをひき逃げ(のちに死亡)」するし、
アンドリュー曰くブリーは「彼氏が自殺するのを見てて、でもってパパはそいつに殺された」し、
ヴァンデカンプファミリー、人殺しすぎ。

そしてブリーの継母は強烈なキャラクターだわ。
「あなたには美貌と機転とずるさと洞察力がある」・・・過去、ブリーにこう言い放ってたもんな。
ブリーが完璧主義になった原因はこの継母にありそうだ。
子どもの頃、どれだけおいしいクッキーを作っても決して褒めない継母。優しい言葉をかけてほしくてブリーは血のにじむ努力をしたのだろう。

その継母たちがアンドリューをロードアイランドに連れて帰るなんて言い出すもんだから、ブリーは猛反対。
アンドリューの恋人ジャスティンと協力して、引き止める作戦に出る。
アンドリューの荷物の中にこっそりゲイのポルノ雑誌やビデオを忍ばせておいたのだ。
「マッチョなレザーおやじ」って雑誌・・・ちょっと見てみたい。
保守的な継母たちはついでにアンドリューの信託財産も取り上げちゃった。

カールとスーザンの焼けぼっくいの話・・・まだ続いてたんだ。

どーでもええわ!!

カールがイーディと別れたと聞いた途端、くっつくスーザン。

c0168844_13252584.jpg
ジュリーのこのシーンがすべてを物語っとるわい。大人だなあ、ジュリー。おばちゃん、涙出そうだよ。
そんで、スーザンがひとりで映画館にいくと、マイクが他の女性とデートしとるし。
やるときゃやるんだ・・・マイク。
そして、遂にクーパー捜査官登場!
ひぃぃーーーー、スーザンさわるな、クーパーにさわるな。この「災い体質オンナ」どっか行け。

カルロス、7社も面接受けるんだ・・・。
いちおう求職活動してたのね。ま、子どももいることだし。
しかし・・・ガブリエルの子育て、案の定シャオメイ任せか。
最後のほうで母性に目覚めたガブリエルはヨガしながら子どもあやしてたけど・・・。

フェリシアさんがジリジリとポールを追いつめようとしてる。
しかもその方法がいやがらせ以上、殺人未満的な陰湿さ。
フェリシアさんって妹マーサのこと嫌ってたのに、なんでここまで?
ザックまで殺されかねないぞ。
ポールが最近「おとなしくてかわいそうな近所の元殺人鬼おじさん」的な雰囲気を醸し出しているだけに見ててかわいそうになる。
[PR]
# by fonda1214 | 2008-09-08 13:37 | デスパレートな妻たちS2 ▲Top
2008年 09月 05日
奥さまは首相~ミセス・プリチャードの挑戦~ 第2話
c0168844_23314172.jpgこの人、ちょっとカッコイイ・・・。

福田内閣が崩壊した今、我が国日本も政治家ではなく一般人が首相になったほうがいいんじゃないか、と思いはじめてしまった今日この頃。
ロズが率いるパープル同盟党が総選挙で54%を獲得してしまった。
マンガや・・・(ドラマだけど)。
ロズの自宅には防弾ガラスが貼られたりして工事中。
パープル同盟党はできたばかりの政党なのでロンドンに党本部はないわ、当選議員たちはほとんど素人だわでキャサリン・ウォーカーたちは大忙し。キャサリンがてんぱりながらみんなを指揮している。キャサリンって頼りになりそう。
しかし見れば見るほど聞けば聞くほど、キャサリンを見ると「デスパレートな妻たち」のリネットを思い出す。声優の唐沢潤さんは役によって声の演技を変える人だと思うのだけど、リネットと同じ声質でキャサリンをやっているからだろう。

ロズ、バッキンガム宮殿に到着。
エリザベス女王とご対面だ。
映画「クィーン」のヘレン・ミレンのような女王ではなく、おっとりとした女王。あまり威厳がない。
まるで校長先生と新米教師の放課後の会話みたい。

ロズ役の女優さんジェーン・ホロックスの口元がどーーーうも苦手。
作ったような口元の笑み。口角の広がり具合が。
あと吹替も苦手。
ロズが頼りないなあと感じるとき、「ダメージ」のパティ(グレン・クローズ)くらいたくましかったらいいのになあ、と思ってしまった。それはそれでおそろしい首相になりそうだけど。

首都をロンドンからブラッドフォードへって・・・。
ブラッドフォードって田舎なのかな?
日本の首都を東京から東濃へみたいだ・・・。
キャサリンとヒラリーは時に対立するけど、いい感じのツートップだ。
それにしても首都の移転が国民のためなのか?
[PR]
# by fonda1214 | 2008-09-05 00:12 | 奥さまは首相 ▲Top
2008年 09月 01日
奥さまは首相~ミセス・プリチャードの挑戦~ 第1話

c0168844_16122526.jpg貼りついたような笑顔がちと怖いんです。

NHK BS2、毎週水曜日 午後11時台、先週からスタートしたこのドラマ。
イギリスのドラマです。全6話。

ロズ・プリチャードはスーパーの店長。
鏡で身だしなみをチェックしてる。そのときの顔のアップが貼りついたような笑顔で一瞬うへえーと思ったんだけど、とりあえずおもしろそうだったので見てみることに。
従業員ひとりひとりに声をかけるロズ。
もうすぐ選挙。スーパーの前で労働党と保守党の議員ふたりが演説中にとっくみあいの喧嘩を始めた。
ロズは仲裁に入りつつ、つぶやく。
「国民の代表を選ぶのに、選択肢があんたたちみたいなバカしかいない」
「あたしがやったほうがマシよ」
・・・なるほろ。こういうドラマなのね。

その夜、テレビに出ることになったロズはこう話す。
「投票したいと思える候補者がいない。どちらかマシなほうを選ぶしかない」
ロズは周りの後押しもあり、議員に立候補することに。

それにしてもイギリス人って家のビデオを録画するのにエライ手間取る。
「ブリジット・ジョーンズの日記」のブリジットもそうだった。

ロズの横でゆらゆら揺れてる影のうすい夫イアンはロズの立候補に猛反対。
どうやらこのイアン、ロズが議員になったあかつきに足をひっぱりそうな秘密を抱えているらしい・・・。

ロズは新しく政党を作る。パープル同盟党。
政治の世界に精通してるベテラン議員:保守党の影の保健相であるキャサリン・ウォーカーを大胆に引き抜くロズ。やはり政治に詳しい人物が欲しかったらしいロズ。
このキャサリン・ウォーカーを演じるジャネット・マックティアという女優さん。骨太な女優さんだ。以前「ミス・マープル」にも出てた。そのときと同じく声優さんは唐沢潤。デス妻のリネットとだぶる。なんとなくフェリシティー・ハフマンに似ているような気がするので。イギリスの有名な女優さんなんだろうな。

それにしてもスティーブっちゅう男、自分の結婚式放り出して、ロズの娘エミリーに「セックスしたいんだ」と愛を告白。
エミリーが以前「自由にセックスできるよろこびを知っちゃったから楽しみたいの」と言ったのを自分への告白と勘違いしたらしい。
当然エミリーにそんな気はなくあえなく撃沈。今度は高い塔に昇ってロズに「迎えに来て」と電話。
ロズにとっては大事な投票日の日!イアンは役にたたないし、迎えにいくロズ。
スティーブ、自分のことしか考えてない。まあ、エミリーもその後まんざらでもなさそうだった。進展がありそうなありがちな展開。

ついにパープル同盟党が議員議席を圧倒的に獲得し、なんと与党になってしまった。
・・・というわけで、その党首であるロズが首相に。
まあ、なんという・・・。トニー・ブレアから敗北宣言のお電話入るし。

おもしろそうなので、見ていこうと思う。全6話か・・・。短いな。
[PR]
# by fonda1214 | 2008-09-01 16:42 | 奥さまは首相 ▲Top
2008年 09月 01日
Lの世界 シーズン3
「Lの世界」シーズン3にようやく着手。
1話と2話を見ました。
ディスカスでやっと借りることができた!大人気なのでなかなか借りれない。

相変わらずおもしろいです。
デイナが元カノのララの元へ帰ってしまい、
アリスがめちゃめちゃ荒れてます。
尋常じゃないくらい荒れてます。
デイナもあれだけアリスとラブラブだったのに、実にあっけなくララの元へ・・・。
そんなデイナですが、どうやら胸にしこりがあるよう。

ジェニーの髪が伸びました。
ツンツンのショートヘアからセミロングくらい。
相変わらずの問題児っぷりを発揮してます。ジェニーの心の旅は終わらんのです。

シェーンとカルメンは順調そのもの。
シェーンの女装(?)が見られます。
美しい顔立ちなので、普通の女性の姿もめちゃめちゃキレイです。

ベットとティナの間に子どもが生まれ、落ち着いたかのようにみえるけど、
ベットの子どもであることを認めるには養子縁組のさまざまな手続きがあるようで揉めています。
おまけにベットはただいま失業中。胸に去来する不安に押しつぶされそうになっているベット。

あーーーー、おもしろい!
早く続きが見たい。
[PR]
# by fonda1214 | 2008-09-01 00:07 | その他 ▲Top
2008年 08月 31日
デスパレートな妻たち2 第18話 「危ない綱渡り」
c0168844_17513435.jpgなんて大量のポップコーン・・・。

ダイエットコークのライム味の缶がブリーんちによく登場する。
日本では売られていないライム味。
アンドリューもよく飲むし、ダニエルはお庭で灰皿にしてた。スポンサーなのかなあ。

ブリーって堅そうなんだけど、身近な男性にフラフラ~っとなるときがある。しかもどちらかというと「やめとけ!」って男性。
ブリー、アルコール依存症の相談役ピーターのほっぺにチュって・・・。ピーターは「アルコール依存症」プラス「セックス依存症」を克服中の危ない身。ピーター、火ついちゃうし。Tシャツびりびりやん。うーん、ブリーの周りには今のところろくな男がおらんのお。まあ、ブリーも今は普通の状態じゃないしね。

スーザンが家でジュリーとオムレツ食べとるー。おいしいのか・・・。ジュリーが作ったのかな。オレンジジュースの大瓶がドカンと置いてある。さすがアメリカやー。
そこへカールがやってくる。
カールは今頃スーザンに未練たらたら状態。
スーザンもまんざらでもない感じで、そんなふたりを見てたまらずジュリーが、
「最近、ベタベタモードで気持ち悪い」って。
スーザンがカールとの離婚でズタボロに傷ついたのを見ているだけに、ジュリーから見れば心配でたまらないのだろう。
ジュリーは現状をきちんと読みとることのできるいい子だなあ。
子の心、親知らずだわ。ジュリー、たくましく生きていくんだぞ。

「あんたたちはこの世で最低最悪の見下げ果てた人間よ!」
イーディ、よく言った!パチパチ。
イーディ、ロン先生から花瓶受取ってふりかぶってカールとスーザンめがけて投げたー!
イーディってば自分ちで自分の花瓶投げたら、後片付け大変だろうに・・・。スーザンちでやればよかったね。
イーディはカールとスーザンを責めたててるけど、それはまるっきり正論であって、
カールとスーザンがお互いの未練のさぐりあいをしていることで一番傷つくのはイーディなのだ。
いつもイーディだ。
それが許せん。
そしてもっと許せんのは、カールとスーザンが実はそれほど本気ではないってこと。
吹けば飛ぶような関係だ。
なんとも中途半端。
頼むからイーディを傷つけないでほしい。イーディはカールに本気なのだから。

カールがスーザンに
「イーディと結婚してほしいならするし、やめてほしいならやめる」って、

このバカップルがーーーー!!!

ほんと、お似合いだわ。さっさとヨリを戻しやがれーーー。そして悪の連鎖を断ち切りやがれーー。これ以上、被害者を増やさんでほしい。
その後のスーザン巴投げは良かった。笑った。

赤ちゃんを抱くガブリエル、可愛かった・・・。
ブリーはすっかり壊れとるし・・・。
「アルコール依存症」プラス「ピーター依存症」になってしまった。
レックスが生きてたら、こんなことにならなかったのに・・・。
[PR]
# by fonda1214 | 2008-08-31 18:31 | デスパレートな妻たちS2 ▲Top
2008年 08月 25日
CSI:5 第22話 「主任失格」
c0168844_13182146.jpgまだまだ女盛りよ。
ハイボールという名前のバーで、キャサリンは官選弁護人のアダムといちゃいちゃ。でもアダムがしつこく迫るのでキャサリンは彼を拒否してそのまま帰宅。その数時間後、若い女性アリスの射殺体が発見され、彼女の車がハイボールの駐車場で見つかる。キャサリン、ちょっとドキドキ。

アリスの元彼ジェフがあやしい。ジェフは彼女をストーキングしており、裁判所から彼女への接近禁止命令を受けていた。しかし、事件当時ジェフにはアリバイが。次に浮上したのがアダムだった。アダムの供述によりキャサリンは窮地に立たされる。そして、次の犠牲者が出た・・・。


「主任失格」というタイトルだったので「グリッソムが?」と最初思ったのだけど、次回予告を見たときに、「そうだ、今はキャサリンも主任だった・・・」と思いなおし。
というわけで今回の主役はキャサリン。
前2回、キャサリンがまったく出てこなかったしね。それにしても全員で力をあわせて捜査してた頃が懐かしい。シーズン5のこの時期、誰かがメインの話が多すぎる。

今回キャサリン役のマージ・ヘルゲンバーガーの実生活でのだんなさまであるアラン・ローゼンバーグがアダム役で登場!
夫婦共演というわけだ。
最初知らなくて、あとからわかったときは驚いた。アダムの声優さんが大塚芳忠だったせいもあるのかねっちょり感がものすごくて、なんだか湿度が高いぜアダムさん。
実生活で夫婦なんだーと思うと、ラブシーンや言い合うシーンで私生活が透けて見えてしまうような気がして、ちと変な気分になる。
実はシーズン7 #11「グリッソムの旅立ち」をたまたまwowowが無料放送をしていたときに見てしまい、そのときにこのアダムが弁護士役で出ていたので、今回アダムは犯人じゃないんだろうなあ、と思って見ていたらやっぱりそうだった。

ホッジズが昔のグレッグみたいで、ちとせつない。
相変わらず主任は彼に冷たいけど。
やっぱグレッグにはDNAラボで、派手なシャツ着て、音楽ガンガン聴きながら、みんなのオアシス的な存在で仕事していてほしかったな。

被害者アリスの車にGPS探知機をつけてた元彼ジェフ。
キャサリンが「GPSでストーキングするのが君の愛なの?」と聞くと、
「ストーキングじゃない。アリスを見守ってたんだ」って。
でた・・・ストーカーの決まり文句。

ブラス警部が一瞬だけ「元気か?」って登場。笑える。その後、出てこないし。

最近はエクリーを見てもあんまり腹が立たなくなってきた。こういう憎まれ上司がいるとストーリーが引き締まるように感じるから。

ロビンス先生、玉突き事故とかあると忙しいだろうな。

「捜査官は人とのふれあいを求めちゃいけないの?」とキャサリン。
「私は求めない」と主任。
それもどうかと思うけどね、主任。
[PR]
# by fonda1214 | 2008-08-25 13:56 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top