タグ:CSI:科学捜査班 ( 8 ) タグの人気記事
▲Top
2009年 01月 03日
サラ


c0168844_2382535.jpg


「Lの世界」シーズン4に途中からターシャという男前キャラが登場するのですが、その声優さんが浅野まゆみさんで、
「CSI:科学捜査班」のサラを思い出して号泣しそうになりました。
最近「CSI」を見てないので、そのブランク分、サラが恋しかったようです。
サラ、大好きっす。
こんな人が身近にいたらクラクラしておかしくなりそう。
[PR]
by fonda1214 | 2009-01-03 23:17 | その他 ▲Top
2008年 09月 22日
CSI:5 第25話 「CSI“12時間”の死闘 [後編]」
照らされ続けるライトに苛立ちを隠せなくなってきたニック。みんながニックをWebカメラで監視している間はずーっとライトがついてるから。
暑いわまぶしいわ体力消耗するわ・・・。
ニックは換気のファンと照明が連動していることに気づく。
ポッケからおもむろにガムを取りだすニック。そういえばガム持ってたよね、ニック。
もう何時間も飲まず食わずだからガムでも食べるのかな、とおきらくに考えてたらガムで耳栓。口に入れた瞬間はかみしめるように味わってたけど・・・(泣ける)。足元のライトめがけて発砲した。

ニックはこんな極限状態でも冷静さを失ってはいなかった。
犯人はニックを特定していたわけではなく、CSIなら誰でもよかったわけだ。
ウォリックだったら?サラは?グレッグ・・・
ウォリックだったらウォリック自身も言ってたとおり引き金をひいていたかもしれない。
タランティーノがニックに白羽の矢を立てたのは、ニックの冷静さを理解していたからだろう。

そうこうしているあいだについにニックBOXがひび割れ開始!
土がなだれこんでくる。
ニックはカセットテープに自分の言葉を残しはじめた。
両親に「愛してるよ・・・。育ててくれてありがとう・・・。また会いたかった・・・」と。
次にCSIのみんなへ。
「主任・・・」
読唇術を読みとれる主任はニックの言葉を読み取り(なんて言ってたんだろう?)、「そんなことはないニック」とつぶやく。
次の瞬間、ニックの様子がおかしい。
モニターを拡大すると、なんか虫がうようよいる。

超、ピンチ・・・じゃね?ニック。

ひぃぃぃぃ~~~。主任、なにこの虫?「アリだ・・・」ってさ。
「生きながらにして喰われてる・・・」って、言うはやすし、だぞ。
体中びっしりアリだらけ・・・。
いややいややいやや、ひぃぃぃぃ・・・。
持ってた手袋をひきちぎり、鼻と耳を塞ぐニック。
穴を・・・・穴を塞ぐんだ、ニックよ。(おしりとか大丈夫かな?)

「君の全身を見せてくれ・・・」
主任、虫にしか言わなそうなセリフだな。
アリの全体像をカメラで確認し、ヒアリであること、そしてベガスにはもともと生息していない種類のヒアリで、近郊の養樹園に生息しているものと割り出す。
グレッグが割り出した車の走行距離、アーチー担当webカメラの発信電波、などから位置を絞りこんでゆく。

ついにニックBOX発見!!
消火器を吹きかけるとアリって死ぬの?
最初ウォリックが「消化器を!」って叫んだとき、消化器で叩き割るの?と思ってしまった。
こんなときにマニアックだなあと思ったらアリ退治だった。
そんなときリンリン♪とホッジスからキャサリンへ電話。「箱に爆弾がしかけてある」と。
ホッジス、後編も大活躍だなあ。
「急いで90キロの土を用意しろ」と主任。主任ってばニックの体重もしっかり頭に入ってる。
もう限界にきているニックに「パンチョ!」と呼びかけてなんとか落ち着かせようとする主任。
ニックの父親がニックのことを「パンチョ」と呼んでたから。
そうだ・・・グリッソム、ここはニックの父親を演じるんだ。

あかん・・・めっさ泣ける・・・。

ニックの体重分の土を流しこみつつ、ニックをせーので引き上げる。
結局爆発してたけどね・・・。
ま、ニックは助かったことだし、よかよか。
主任がエクリーに「部下たちを私に返してくれ」だって!!
くぉぉぉ・・・・主任、かっこいいぜ。
普段、感情的にならない主任が熱かった・・・。何度も「パンチョ、パンチョ」って。

はふーーー。
これでシーズン5がおしまい。
来週から「CSI:マイアミ」のシーズン2かよぉぉ~。
テレビ愛知さん、
シーズン6は?シーズン6は?シーズン6は?
[PR]
by fonda1214 | 2008-09-22 15:51 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top
2008年 09月 16日
CSI:5 第24話 「CSI“12時間”の死闘 [前編]」
c0168844_1424371.jpg身代金、持ってきました・・・。

合間合間にはさまれるどうでもいいようなおしゃべりがタランティーノっぽいのかな?と思った。
ホッジスとグレッグがボードゲームをしてる。
「なんかすっかりまともになっちゃったね。昔のグレッグが懐かしいよ」とホッジス。
今や昔のグレッグ・ポジションはホッジスに受け継がれつつあるようだ。
淋しいような・・・でもホッジスに期待しちゃおう。最初はイヤミなヤツと思ったけど、今はそれがおもしろい。ニックの情報に関するテープが届いたときもホッジス大活躍だし。

アーチーが歩いとる!!座っているアーチーしか見たことないから新鮮。しかもエクリーと。
エクリーが主任を擁護してる。どうしちゃったのよ、エクリー。
今回のニック誘拐事件も「好きなだけ人員を使え」と協力的。丸くなっちゃったエクリーなんて見たくない。

たまたまニックがいたからさらわれたんじゃないかとみんなでミーティング。
CSIなら誰でも良かった、と。
ウォリック「ニックは運が悪かったんだ・・・」って。一同納得している姿が悲しひ。

見るだけだぞをクリックすると、土深く閉じ込められてるニックの独占LIVE映像。
ニックの周り四方八方のライトがいきなり点灯。これ、怖いよね。

一同呆然・・・。

のたうちまわるニック。
鳴り響いてるカセットテープの軽快な音楽。このアルバムの7曲目。

テープを届けにきた宅配便の男によると、荷物を取りに客の家にいくと誰もいなくて封筒と100ドルが置いてあったらしい。
さっそくその家を強制捜査するも、中にはホラー映画をつけっぱなしにしながらお昼寝中の男ひとり。
この男、ホラー映画好きらしく、部屋に「ショーン・オブ・ザ・デッド」と「キャビン・フィーバー」のポスターが貼ってあり、着ているTシャツにはルチオ・フルチの「GODFATHER OF GORE」と。
す、ステキなTシャツだ・・・。欲しい・・・。
「時間の無駄だった・・・」と引き返すブラス。
こんな細部のこだわりがいつものCSIとは全然ちがうのでうれしい。

LIVE中継を見ながらニックのお父さんが「ああ、パンチョ」って。パンチョ伊東?
聞き逃さない主任とキャサリンであった。

身代金の100万ドルをぽーーーんと手に入れてきたキャサリン。
父であるカジノ王サム・ブロウンに頭を下げて工面した金だ。
そのお金を持ってぽてぽてと犯人に会いにいく主任。ぽてぽて・・・ぽてぽて・・・。
初老のおじさんが中にいて、「無力で、役立たずで、無能な自分が。それが私の心境だよ」とだけ言い残して自爆しちゃった・・・。
ニックの居場所言わずに・・・。欲しいのはお金じゃなかったのか?
粉々に砕け散って、あたり一面血しぶきだらけ。当然そばにいた主任も血だらけ。

前編はここで終了。
予告編見てたら、ニックが虫まみれに!!
それを見た主任の目の奥が輝いてたのは気のせいか・・・?
どの虫かわかれば居場所がつかめそうだもんな、主任の場合・・・。
[PR]
by fonda1214 | 2008-09-16 14:30 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top
2008年 09月 10日
CSI:5 第23話 「死体たちの運命」

c0168844_11343759.jpgうれしそーーー主任。

さも偶然通りがかったかのように登場しちゃって。
きっとロビンス先生かデビッドから連絡うけて駆け付けたにちがいない・・・。
「おや、エクリー」って・・・。
しかもいろいろアドバイスしてる主任。
「仕事のやり方くらい憶えてる」ってエクリー。
局長補佐になってからは鑑識キットにすら触ってないだろうけど、なんてったって元CSI主任だ。「エクリーって仕事できるの?」って思ってたけど、尋問だって滞りなくこなしてたし。
指紋パフパフ(←勝手にこう呼んでる)を補充してて現場に遅れたときはヴァルタン刑事に文句言われてたけど。

ホッジスは劣性遺伝により、シアン化合物を嗅ぎわける嗅覚を持っていた。
何気にホッジス、すごい能力を持っているな。
被害者の胃の中の内容物をくんくんしながら「気の抜けたビール。チーズ・・・シアン化合物は入っていない」って。
ホッジスって、使える・・・。

サラとグレッグが担当してたトリップとポーラの大学寮殺人事件は、友人のスーザンが犯人だろうとピンときた。
だって声優さんが「SATC」のキャリーの永島由子さんだったから。
この声優さんを、ただの目撃者の吹替にあてるとは考えにくい。
それにしてもあんなに激しいセックスしてたのに、ブラジャーつけて死んでるのっておかしくないかい?

来週はやーーっとタランティーノによる壮大なCSIパロディ(?)が見れるぞ!
[PR]
by fonda1214 | 2008-09-10 12:09 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top
2008年 08月 25日
CSI:5 第22話 「主任失格」
c0168844_13182146.jpgまだまだ女盛りよ。
ハイボールという名前のバーで、キャサリンは官選弁護人のアダムといちゃいちゃ。でもアダムがしつこく迫るのでキャサリンは彼を拒否してそのまま帰宅。その数時間後、若い女性アリスの射殺体が発見され、彼女の車がハイボールの駐車場で見つかる。キャサリン、ちょっとドキドキ。

アリスの元彼ジェフがあやしい。ジェフは彼女をストーキングしており、裁判所から彼女への接近禁止命令を受けていた。しかし、事件当時ジェフにはアリバイが。次に浮上したのがアダムだった。アダムの供述によりキャサリンは窮地に立たされる。そして、次の犠牲者が出た・・・。


「主任失格」というタイトルだったので「グリッソムが?」と最初思ったのだけど、次回予告を見たときに、「そうだ、今はキャサリンも主任だった・・・」と思いなおし。
というわけで今回の主役はキャサリン。
前2回、キャサリンがまったく出てこなかったしね。それにしても全員で力をあわせて捜査してた頃が懐かしい。シーズン5のこの時期、誰かがメインの話が多すぎる。

今回キャサリン役のマージ・ヘルゲンバーガーの実生活でのだんなさまであるアラン・ローゼンバーグがアダム役で登場!
夫婦共演というわけだ。
最初知らなくて、あとからわかったときは驚いた。アダムの声優さんが大塚芳忠だったせいもあるのかねっちょり感がものすごくて、なんだか湿度が高いぜアダムさん。
実生活で夫婦なんだーと思うと、ラブシーンや言い合うシーンで私生活が透けて見えてしまうような気がして、ちと変な気分になる。
実はシーズン7 #11「グリッソムの旅立ち」をたまたまwowowが無料放送をしていたときに見てしまい、そのときにこのアダムが弁護士役で出ていたので、今回アダムは犯人じゃないんだろうなあ、と思って見ていたらやっぱりそうだった。

ホッジズが昔のグレッグみたいで、ちとせつない。
相変わらず主任は彼に冷たいけど。
やっぱグレッグにはDNAラボで、派手なシャツ着て、音楽ガンガン聴きながら、みんなのオアシス的な存在で仕事していてほしかったな。

被害者アリスの車にGPS探知機をつけてた元彼ジェフ。
キャサリンが「GPSでストーキングするのが君の愛なの?」と聞くと、
「ストーキングじゃない。アリスを見守ってたんだ」って。
でた・・・ストーカーの決まり文句。

ブラス警部が一瞬だけ「元気か?」って登場。笑える。その後、出てこないし。

最近はエクリーを見てもあんまり腹が立たなくなってきた。こういう憎まれ上司がいるとストーリーが引き締まるように感じるから。

ロビンス先生、玉突き事故とかあると忙しいだろうな。

「捜査官は人とのふれあいを求めちゃいけないの?」とキャサリン。
「私は求めない」と主任。
それもどうかと思うけどね、主任。
[PR]
by fonda1214 | 2008-08-25 13:56 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top
2008年 08月 14日
CSI:4 第6話 「埋められた秘密」
c0168844_21402463.jpgついでに指紋とっちめー
ネバダ州北部の田舎町ジャックポットの警察から、男の生首が送られてきた。グリッソムは一人ジャックポットの現場に向かい捜査することに。
事件を担当したという警部補アランは非協力的。
地元の協力を得られないままグリッソムは一人黙々と捜査を続け証拠を集めるのであった。


宵闇が美しい~。そんな山道をひとり車を走らせる主任。
ネバダ州ジャックポット。
こんな地名、本当にあるのかな?「ジャックポット」って大当たりって意味だよね。

このエピはおもしろかった!
主任のぽたぽた単独捜査。ニックとサラはお休み。ウォリックはほんのワンシーンのみ。
主任がのびのびと捜査してた。Gパンはいてるし。

町ぐるみの犯罪を思わせるジャックポットという小さな閉鎖的な町。
まるで「ツインピークス」みたい。
・・・と思ってたら、登場人物たちの名前がリーランドにデイルにクーパー(マン)。
遊んでますねえ。
事件を知らせてきたアラン警部補、そして町の人たち。みんな何かを隠しているようで怪しい。
ダイナーに集まる住民たちは、ひとりガンバル主任に対して
「都会からものすごいヤツがやってきたもんだ・・・」
と珍獣を見るような目つきで接してた。
まあ、明らかに主任のテンションが若干高めで、単独捜査を思いっきり楽しんでいるような感じだった。

そしてなぜかキャサリンと電話で話す主任を見て、「奥さん怒ってたかい?」と既婚者扱い。
主任もそれにのっかって、「淋しがり屋だから」とか「ハニー?」とか言って楽しんでた。
キャサリンってほんとチームのおっかさんって感じ。

それにしても主任ってタフだよなー。
たぶん夜中ずーーっと運転してジャックポットに到着。昼間は首なし死体探し。夜は獣医のデイルさんちの机を借りて仕事。ガサゴソと怪しい物音がするから銃を装填しつつソファーで就寝。きちんと食べてるのか、主任。

容疑者の車を探している最中に、主任の車の窓ガラスが割られ、主任の必殺仕事人鑑識キットが盗まれてしまう。
でも主任はへこたれない。グリッソム、前向きパワー・フルスロットル。
町の小さなホームセンター(?)で即席鑑識セットをふんふん♪と購入。
シャープペンシルの芯を粉々に砕いて指紋をとってた!!いつか日常生活に役にたちそうなマメ知識・・・(微妙)

主任がアラン警部補にラスト、
「向き合って確認しあわないと悲惨なことになる」って・・・。
主任に言われてもなぁ。
[PR]
by fonda1214 | 2008-08-14 22:24 | CSI:科学捜査班S4 ▲Top
2008年 08月 11日
CSI:5 第21話 「禁断の味」
c0168844_14141352.jpgサラ、ピーーーンチ!
犯罪者専用の精神病院で患者のロビーが殺された。頭を床に叩きつけられ大量の飛まつ血痕が病室に残っていた。

死体の側には血まみれになった精神病患者のケニーがいたが、着衣に飛まつがなく、病室は夜間施錠されないことから、病棟の患者全員が容疑者となる。

CSIは患者を一人ずつ事情聴取するが、有力な情報は得られない。解剖で死因は頭部の損傷ではなく窒息死と判明、また死体のあった病室で精液が発見され、一人の患者が浮かび上がる・・・。


ラスベガスは雨模様ですなぁ。
カラっとしたベガスもいいけど、雨が降ってるベガスもどことなく好き。
2週続けてキャサリン出てこないし、ウォリックもニックも出てこない。
今回の捜査は主任とサラが担当。
主任のキメセリフとオープニングが終わったあとに出てくる出演者たちの名前を見てたら、
David Bowie??
うそやんうそやん、なになに、ゲスト出演?かと思ったんだけど、いつまで待っても出てこないからもう1回スペルを見てみたら、
David Boweだった・・・。あーあ。

今回のエピ、おもしろくないなあ。
犯人いったい誰誰??って気持ちになれへん。誰でもいいやん、というおそろしく冷めた気持ち。
精神病棟と近親相姦というおもしろくなりそうな要素を含んでいるのに、なにかこうパンチが足りない。うーむ。

このエピは、サラの背負った重たい荷物がなんなのか、少しわかったような気がした。
幼いころのサラと今のサラが対峙し、なんとか前へ前へ進もうともがいているけど、この事件の随所随所で現実をつきつけられる。
アダムとジョアンの愛憎。
サラと父親を殺害した母親の関係。
アダムが9歳のときに父親が亡くなり、母親であるジョアンは息子を夫がわりにし始める。
なんとも歪んだ親子関係。
歪んだ家庭環境で育ったサラは容疑者たちに自分自身を投影しつつも許せない複雑な気持ちで捜査をすすめていた。

サラが雨の中、一服しているジョアンに話を聞いているとき、ロビー(被害者)が拘束されたときの状況を説明してて、
「自分の子どもじゃないもの」って言ってた。
あとから考えると意味が深い。

ナースステーションでサラがアダムに襲われてるとき、
主任はのんびり引出しの鍵を探しに行ってた。
いつもの内股でのほほんと。
早く気付け早く気付け、と思ったけど、ほんと主任ってまったりのんびりしててかわいい。
[PR]
by fonda1214 | 2008-08-11 14:44 | CSI:科学捜査班S5 ▲Top
2008年 08月 10日
次の主任は??
c0168844_23592412.jpg

るしはさんから教えてもらったんですが、
「CSI:科学捜査班」の次の主任候補にローレンス・フィッシュバーンが最も有力な候補なんだとか。

http://feature.movies.jp.msn.com/news/080808/09.htm

ローレンス・フィッシュバーン??誰やねん

顔は見たことある。
確か「理由」という映画でショーン・コネリーと共演してた。
黒人嫌いの悪徳警官、でも実はとってもいい人・・・そんなような役でした。

ああ、いややいややいややいややいやや・・・
グリッソムじゃなきゃいやだ・・・
虫大好きグリッソムじゃなきゃ、内股グリッソムじゃなきゃ、シェークスピア引用するグリッソムじゃなきゃ、

グリッソムじゃなきゃ、あきまへん・・・


と、ダダをこねたいところですが、しょうがない・・・。
腹におさめるしかない。
ちなみにローレンス・フィッシュバーンの奥さまジーナ・トレスがシーズン4にゲスト出演しているとか。
[PR]
by fonda1214 | 2008-08-10 00:21 | その他 ▲Top